過去になるその瞬間を記録

軌跡

日常の記録

 

心の傷はどうすれば治るのだろう。

 

機嫌をとるぐらいなら素直に謝って。

すぐ反発する前に相手の言葉の意味を考えて。

お金で全ては解決できない。

 

怒って言う前に相手の事を考えて

 

 

 

 

頭痛い。

許すという行為

出来ない自分を許す。

少しずつ頑張る。

 

他人を許す。

自分の観点で他人を判断しないように。

自分を愛する事の本当の意味

 自分を愛するという事は 自分を見つめ自分を理解しようとし、反省しそして認めるという事だと思う。

 自分を甘やかす、ナルシストになるという事は自分の事だけ考え欠点を見ず長所を過大評価するということ。とにかく自分大事。

 

大きな違いは  自分>自分以外の人間  という関係式が必然と出来ていること。

 

 

そして自分を愛することには少なからず自分の長所を評価すること(若干ナルシ)が大事だと思う。客観的に。

 

でも間違ってはいけないのは自分は周りの人間と比べて評価されるのではない

それぞれが見方も考え方も違う、一人に対して感じる印象が異なるように。他人は自分を構成する材料ではない対等な意識を持つことがとてもとても大事だと思う。

 

 

 

そしてこの自分を愛する姿勢は自分が幸せになることに繋がってる気がする。

 

人を思う気持ちが優しくなる

 

そして自分がわかる事により、沢山の本当の優しさに気づける

 

気づいて段々人を信じれる。そして疑う事を忘れれば世界も明るく見える。

 

自分が信じることで相手も私を信じる

 

相手も幸せになる。信じる気持ちほど相手を支えるものはない。

 

相手が幸せなら私も嬉しい。 幸せ。

 

 

 

 

 

 

彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

中学時代の部活ノートを改めてみた。何故下克上ができたのか考えてみて、ただ私が好きだから努力して掴めたものではないことに気づいて今更驚いている。

 

あの頃は家族との会話もなく好きも嫌いもなくただ何にも感じない、流れに動かされてる生きてる人形だった。だからルールを守る必要性もわからないかなり危ない人だったな。

 

部活ノートも出さない、出す必要も感じてなくてすっごい嫌われてた笑 だけど無理やりでもノートを書かされて自分、他人を強制的に見て気づいて考えることにより少しずつ階段をのぼって成長して、結果自分の中で成功を収められたんだなって感じる。

 

 

 

まず自分がなぜこうなのか、こうしたのか、反省点はどこか、次はどうするか。自分を深く知る事が何よりも成長する上で大事なことだと思う。

そこから目標にむかってその目標を知り対策を考えて行動に移す。まずは何より現状突破のためには欠かせないのがこの二つのことなのかもしれない。

毎日部活ノートならぬ📔?ノートをつけていこう。

自由という名の絶壁

自由とはなんとも言えないほど甘美で優雅な言葉だと思う。自分の名にあるのが嬉しい。

でも怖い。かなり怖い。

自由だから自ら全てを管理し遂行しなければならない。そしてそれをするのもしないのも自らの自由。支えるのも落とすものもないなんて無ほど怖いものはない。

 

簡単に堕ちていける。そして上に行くのに阻むものもない。

 

まずは自由である環境に否応なしにいる。そしてその不安と葛藤の毎日に慣れる。

 

そしたら解決策が見つかるのではないか。かなり生活が楽になるかな。

男と女 1

女は男が関わるとめんどくさいし、まず害が生じる。

 

本能的な欲求なのかな。感情的になる。

 

人間も動物だから本能で生きる。だけど他の生物と違うのは理性があること。人間はその本来ある野性を理性で隠す。理性は身につけていくもの。

 

気をつけたい。

パンドラの箱

変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい変わりたい。

自分でこの混沌とした世界の中で見つけなければいけない。睡蓮の花のように。

 

這い上って引きずり出したい

 

全て大事なものを